出典:デジタル大辞泉(小学館)

Bezier curve》コンピューターグラフィックスなどにおいて、曲線を描く手法の一。四つの制御点からなり、最初と最後の端点を指定し、残り二つの制御点(方向点)はその形状を決定することにのみ使われる。