出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「べしぐち」とも》苦々しく思うとき、口を「へ」の字に曲げること。また、その口つき。

「―に気色して出でたりける事」〈盛衰記・一〇〉