へそ‐くり【×臍繰り】 の意味

  • 名詞

へそ‐くり【×臍繰り】の慣用句

  1. へそくりがね【臍繰り金】
    • 綜麻(へそ)を繰ってためた金の意。人間のへそと混同して「臍」の字を当てたもの》主婦などが、他人に知られないように少しずつためた金。へそくり。