出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]へり。ほとり。はた。特に、海べ。波うちぎわ。
    1. 「近江 (あふみ) の海―は人知る沖つ波君をおきては知る人もなし」〈・三〇二七〉

[接尾]名詞のあとに付き、その側面、その方面の意を表す。促音を間にはさんで「ぺた」となる。「尻っぺた」「ほっぺた」など。