出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《「はた(端)」あるいは「へた(端)」の変化で、奥深くない意からか》
  1. 物事のやり方が巧みでなく、手際が悪いこと。また、そのさまや、その人。「泳ぎが下手な人」「字をわざと下手に書く」「人の使い方が下手だ」⇔上手 (じょうず) 

  1. なまはんかであること。なまじっかなことをして結果が悪くなること。また、そのさま。「下手な小細工をすると大事になりかねない」「下手に口出しはできない」

  1. 中途半端なこと。満足できるような程度でないこと。また、そのさま。「彼の蔵書は下手な図書館の比ではない」「下手な画家顔負けの絵」

[派生]へたさ[名]