• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

べっ‐しゅ【別種】 の意味

  1. 別の種類。ほかの種類。
  • べっ‐しゅ【別種】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「一昨年来た時には、君も新婚当時で、夢現という時代であったが、子供二人持っての夫婦は又別種の趣があろう」「オイ未だか」 岡村が吐鳴る。

      伊藤左千夫「浜菊」

    • ・・・然し実際の人生から得る経験は、好んで為す場合よりも遙かに多く別種の力によって、われ/\の所期以外の経験を味わしめる場合がある。

      小川未明「文章を作る人々の根本用意」

    • ・・・けれど、そこに営まれつゝある生活は、別種のものではなかった。

      小川未明「街を行くまゝに感ず」