出典:デジタル大辞泉(小学館)

負け惜しみの強いこと。また、その人。また転じて、無粋な者、やぼな者をいう。

「かの田舎の―にせびらかされて頭 (つぶり) が痛い」〈浄・冥途の飛脚

[補説]負ける、また、承服できる意の下二段動詞「う(打)つ」の否定の形からとも、拍子が打てぬことの意からともいう。