出典:デジタル大辞泉(小学館)

《元来は本官のある者が別の役を兼ねて当たる意》

  1. 検非違使 (けびいし) 庁蔵人所 (くろうどどころ) など、令外 (りょうげ) の官の長官。

  1. 平安時代以降、親王家摂関家などの政所 (まんどころ) の長官。

  1. 鎌倉幕府政所侍所 (さむらいどころ) などの長官。

  1. 僧官の一。東大寺興福寺などの大寺に置かれた長官で、一山の寺務を統轄した。のちには、熊野石清水北野などの諸社にも置かれた。

  1. 盲人の官名の一。検校 (けんぎょう) の下位。

  1. 《院の厩 (うまや) 司の別当から転じて》馬丁