出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

  1. 手足を振り動かしてもがく。じたばたする。「水面に浮かび上がろうと―・く」

  1. 活路を見いだそうとして必死になって努力する。あくせくする。「今さら―・いてもしかたがない」

  1. 馬などが前足で地面をかく。また、そのようにして進む。

    1. 「馬は―・いた。(馬車ノ)車輪は廻らぬままで、…石ころの上を引きずり出した」〈伊藤整・馬喰の果て〉

  1. いたずらをして暴れ回る。ふざける。

    1. 「禿 (かぶろ) どもも、―・いたら遣手 (やりて) に告げて𠮟らすぞ」〈浄・博多小女郎