出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 「へ」の字の形をしていること。「口をへの字にする」

  1. 《「お部屋様」の「へ」をとって符丁 (ふちょう) のようにいった語》正妻のこと。→めの字2

    1. 「めの字から―になるとつけ上がり」〈柳多留・二三〉