• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ペプチド【peptide】 の意味

  1. 2個以上のアミノ酸ペプチド結合によってできた化合物。アミノ酸の数によって、2個ならジペプチド、3個ならトリペプチドといい、2~10個程度の少数ならオリゴペプチド、10~100個と多数ならポリペプチドという。

ペプチド【peptide】の慣用句

  1. ペプチドグリカン【peptidoglycan】
  1. ペプチドけつごう【ペプチド結合】
    • アミノ酸分子のアミノ基-NH2と、他のアミノ酸のカルボキシル基-COOHとから、水1分子が取れて縮合してできる形-CONH-の結合。
  1. ペプチドさ【ペプチド鎖】
  1. ペプチドホルモン【peptide hormone】
  1. ペプチドワクチン【peptide vaccine】
    • ペプチド抗原として用いるワクチン。癌(がん)ペプチドワクチンは、癌細胞に特異的に存在するたんぱく質の断片(ペプチド)を人工的に合成したもので、これを投与することによって、リンパ球などの免疫細胞を活性化させ、癌に対する免疫力を高める効果が期待される。