出典:デジタル大辞泉(小学館)

脊椎動物の赤血球中に含まれる、たんぱく質のグロビンと鉄を含む色素ヘムとが結合した色素たんぱく質。代表的な鉄たんぱく質の一であり、ヘムたんぱく質に分類される。呼吸器官から入った酸素と結合してオキシヘモグロビンとなり、体内の各組織に運ぶはたらきをする。一酸化炭素とは酸素以上に結合しやすい。血色素 (けっしきそ) 。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉