へ‐や【部屋】 の意味

  1. 家の中をいくつかに仕切ったそれぞれの空間。座敷。室。間 (ま) 。「子供の部屋」
  1. ホテル・アパートなどで、宿泊したり生活したりするための一区画。「この宿でいちばん高い部屋」「一部屋予約する」
  1. 相撲部屋 (すもうべや) 」の略。
  1. 江戸時代、諸大名の江戸屋敷で、中間 (ちゅうげん) 小者 (こもの) などの詰め所。
  1. 殿中で、宮仕えの女の居間。局 (つぼね) 。
  • へ‐や【部屋】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そうして婆さんの部屋の戸を力一ぱい叩き出しました。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・ 二人が風呂から上がると内儀さんが食膳を運んで、監督は相伴なしで話し相手をするために部屋の入口にかしこまった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・ 夫が出てしまうと、奥さんは戸じまりをして、徐かに陰気らしく、指の節をこちこちと鳴らしながら、部屋へ帰った。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」