出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 程度がひどいこと。はなはだしいこと。また、そのさま。「今日はべらぼうに寒い」「べらぼうな値上がり」

  1. 普通では考えられないようなばかげていること。また、そのさま。「そんなべらぼうな要求はのめない」

  1. 人をののしっていう語。たわけ。ばか。「何をぬかすか、このべらぼうが」

[補説]語源は、寛文(1661~1673)末年ごろ、見世物で評判になった、全身真っ黒で頭はとがり、目は赤く丸く、あごが猿のような奇人「便乱坊 (べらんぼう) 」「可坊 (べくぼう) 」からという。「篦棒」は当て字。

出典:青空文庫