出典:デジタル大辞泉(小学館)

横軸に恒星スペクトル型、縦軸に絶対光度をとった図上に星を点で表したもの。恒星の分類や進化の研究に利用される。1905年にデンマークのヘルツシュプルング(E.Hertzsprung)が星の光度と色との関係を発見、1913年に米国のラッセル(H.N.Russell)が図を発表した。HR図。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉