出典:デジタル大辞泉(小学館)

《上代語》あし。

「―の音せず行かむ駒もが」〈・三三八七〉

[補説]多くは「あがき(足掻き)」「あゆい(足結)」など、他の語と複合して用いる。