出典:デジタル大辞泉(小学館)

古くヨーロッパで行われた打球戯。クロッケーの前身といわれ、標的目がけて杖 (つえ) で球を打ち、標的に当たるまでの打数で勝敗を競った。元来は、フランスで、羊飼いの杖でボールを打つ遊び。