出典:デジタル大辞泉(小学館)

漢詩の律詩・絶句で、五言では初句の第2字が平字 (ひょうじ) で起こされるもの。七言では初句の第2字が仄字 (そくじ) で起こされるもの。⇔正格 (せいかく) 

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉