出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《弁慶ほどの豪傑でも痛がって泣く急所の意》向こうずね。

  1. 強い者の、最も弱い所。ただ一つの弱点。