出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Sarasvatiの訳》インド神話で、河川の女神。音楽・弁舌・財福・智慧の徳があり、吉祥天とともに信仰された。仏教ヒンズー教に取り入れられ、ふつう琵琶 (びわ) を弾く天女の姿で表される。また、日本では財福の神として弁財天と書かれるようになり、七福神の一として信仰される。弁天。べざいてん。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉