出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ギリシャ)dialektikē(ドイツ)Dialektik》対話・弁論の技術の意。ソクラテスプラトンでは、事物の本質を概念的に把握するための方法とされ、アリストテレスでは、真の命題からの論証的推理から区別され、確からしい前提からの推論を意味した。カントは、理性が不可避的に陥る錯覚として、仮象の論理の意に用いた。ヘーゲルは、思考と存在を貫く運動・発展の論理ととらえたが、その本質は思考(概念)の自己展開にある。概念が自己内に含む矛盾を止揚して高次の段階へ至るという論理構造は、一般には正・反・合、定立・反定立・総合という三段階で説明されている。また、マルクスエンゲルスは、唯物論の立場から、自然・社会・歴史の運動・発展の論理ととらえた。

出典:青空文庫