出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]《「う」は擬声語》
  1. 力を入れたり苦しんだりするときに、長く引いた低い声を出す。うめく。「痛くてうんうん―・る」

  1. 獣が低く力の入った声を出す。「犬が―・る」

  1. 鈍く低い音を長く響かせながら出す。「モーターが―・る」「風が―・る」

  1. 謡曲・浄瑠璃などを、のどをしぼるように低音でうたったり語ったりする。「義太夫を―・る」

  1. 感嘆のあまり、思わず、1のような声を出す。ひどく感心する。「満員の観衆を―・らせる」

  1. 内に満ちている力が、あふれ出るばかりになる。「腕が―・る」「金が―・るほどある」

出典:gooニュース

出典:青空文庫