出典:デジタル大辞泉(小学館)

流体力学の効果の一。流体の流れの断面積を狭めて流速を増加させると、圧力が低い部分が作り出される現象のこと。流量を一定にした場合のベルヌーイの定理から導かれる。流量を測定するベンチュリメーター、車のエンジンのキャブレター、霧吹きなどに応用されている。名称はイタリアの物理学者G=B=ベンチュリに由来。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉