出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 庶民着用の衣服。また、官服に対して、平服。転じて、平民のこと。

    1. 「流石 (さすが) に淮西 (わいせい) の一―より起って」〈露伴運命

  1. 狩衣 (かりぎぬ) のこと。初め布製、平安時代以後は狩衣一般、特に無文の狩衣をさした。また、それを着る六位以下の身分の者。

  1. 江戸時代、武士の大紋に次ぐ4番目の礼服。また、それを着る御目見 (おめみえ) 以上の身分の者。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉