出典:デジタル大辞泉(小学館)

Boyne》アイルランドの首都ダブリンの北40キロメートルにあるボイン川流域の渓谷。紀元前3000年頃に築かれた石室墓と40基を越える古墳からなる大古墳群で知られる。なかでもニューグレンジの石室墓はハート形をしており、直径90メートル、高さ11メートルの巨大なもの。1993年に「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。→ブルーナボーニャ

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉