出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 方向。方角。方位。「西の方」「駅の方へ歩く」「声のする方を見る」「九州の方に行く」

  1. 部門・分野を漠然と指す語。その方面。また、指し示すものをあいまいにするために使う語。「将来音楽の方へ進みたい」「その方では有名な人だ」「父は防衛省の方に勤めています」「近ごろおうちの方はいかがですか」「薬の効果の方はいかがなものでしょう」

  1. 二つ以上あるもののうちの一つをとりあげてさす語。「黒い方が好きだ」「もっと味を濃くした方がいい」「こちらの方が悪かった」

  1. どちらかといえばこちらだという部類。「性質は臆病な方だ」

  1. 物のやり方。しかた。方法。また、処方。

    1. 「あの場合ああでも為 (し) なければ―が付かないんだもの」〈漱石

  1. 四角。また、正方形の一辺の長さ・距離を示す語。「方形」「方100里」

    1. 「―三間ばかりの狭き法廷」〈木下尚江良人の自白

[補説]2から派生して、表現をあいまいにするためやぼかすために付ける、意味のない語としても用いる。「お料理のほうをお持ちしました」「お荷物のほう、お預かりします」
1990年代半ばくらいから若者の間にはやりだした。多用する話し方を「ほう弁」という。→とか