出典:デジタル大辞泉(小学館)

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 広々としているさま。

    1. 「洞庭湖はただ白く―として空と水の境が無く」〈太宰・竹青〉

  1. ぼんやりとしているさま。

    1. 「その意味―として知るべからざりけり」〈中村訳・西国立志編