出典:デジタル大辞泉(小学館)

両わきの下を縫い合わせて裾に襴 (らん) をつけた。天皇・文官および四位以上の武官が着用した。闕腋 (けってき) の袍に対していう。まつわしのうえのきぬ。縫腋。