出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 巷間 (こうかん) 芸能の一。編み笠に白袴 (しろばかま) の書生が、月琴を伴奏に法界節を歌って歩くもの。明治の中ごろ、全国で行われた。

  1. 1の流れを引く巷間芸能。印半纏 (しるしばんてん) に腹掛け・ももひきという服装で、琴・三味線・胡弓・尺八・太鼓などを合奏しながら盛り場や花街を流し、唄を歌うもの。明治末期に大阪を中心に流行。