出典:デジタル大辞泉(小学館)

宝篋印経にある陀羅尼を書いて納めた塔。日本ではふつう石塔婆の形式の名称とし、方形の石を、下から基壇・基礎・塔身・笠・相輪と積み上げ、笠の四隅に飾りの突起があるものをいう。のちには供養塔・墓碑塔として建てられた。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉