出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 一定の地域社会に行われる言語。一つの国語が地域によって別々な発達をなし、音韻・文法・語彙 (ごい) などの上で相違のあるいくつかの言語圏に分かれたとき、それぞれの地域の言語体系をいう。九州方言、琉球方言など。

  1. 共通語・標準語に対して、ある地方で用いられる特有の言葉。俚言 (りげん) 。

  1. 特定の階層に用いられる独自の言葉。隠語・俗語の類。

出典:gooニュース

出典:青空文庫