出典:デジタル大辞泉(小学館)

ある言語現象が中央から周辺地域に広まっていく過程は波紋のそれに類似していると考え、波紋の周辺にあたる方言圏のあちこちにかつて中央で使われた共通の古い形がみられると説く論。柳田国男の「蝸牛考 (かぎゅうこう) 」によって提唱された方言学の理論の一。