出典:デジタル大辞泉(小学館)

標準語の使用を強制させるため、学校で方言を話した者に、罰として首から下げさせた木札。各地にあるが、特に沖縄で厳しく行われ、明治末から第二次大戦後まで用いられた。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉