出典:デジタル大辞泉(小学館)

念仏踊りの一種。江戸初期、常陸 (ひたち) の僧泡斎が、寺院修理の勧進のために江戸市中で始めたもの。数人一団となって、造花を笠に挿し、太鼓・鉦 (かね) を鳴らし、踊り狂いながら家々を回って銭を乞い歩いた。