出典:デジタル大辞泉(小学館)

栄典の一。ある分野において、りっぱな行い、功績のあった人を表彰するために国から与えられる記章。紅綬 (こうじゅ) (人命救助)・緑綬(徳行卓越)・藍綬 (らんじゅ) (公益・教育など)・紺綬(公益のための私財寄付)・黄綬(業務精励)・紫綬(文化功労)の6種が定められている。→叙勲 (じょくん) 勲章


[補説]褒章の種類と授与対象
種類授与対象
紅綬褒章自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した者
緑綬褒章自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著である者
黄綬褒章業務に精励し衆民の模範である者
紫綬褒章学術・芸術上の発明・改良・創作に関して事績の著しい者
藍綬褒章公衆の利益を興し成績著明である者、または公同の事務に尽力した者
紺綬褒章公益のため私財を寄附した者
飾版 (しょくはん) 既に褒章を授与された者に、さらに同種の褒章を授与する場合

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:gooニュース