出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都市上京区にあった寺。治安2年(1022)に藤原道長が創建し、荒神口 (こうじんぐち) より北、寺町より東にあったと推定される。広壮な規模を誇ったが、のち、火災にあい、南北朝初期に廃絶。通称、京極御堂 (みどう) 、御堂。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉