出典:デジタル大辞泉

江戸の大名や旗本に仕え、槍 (やり) 持ち・挟み箱持ちなどを勤め、男だてを誇った中間 (ちゅうげん) 若党 (わかとう) の称。山の手奴。