出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 地方公共団体などの会計処理で使用される勘定科目の一つ。報償金・謝礼金・褒賞金・報奨金・賞賜金・買上金・賞金、および記念品等の物品購入代金の支払いなどを計上するために使用される。

  1. 内閣官房報償費(官房機密費)・外務省報償費(外交機密費)・捜査報償費などのこと。