出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 能のシテ方の流派の一。大和猿楽外山座 (とびざ) の流れで、幕末までは宝生座といった。流祖は宝生蓮阿弥といわれるが未詳。

  1. 能のワキ方の流派の一。徳川家光の命で、春藤 (しゅんどう) 流の金春権七祐玄が宝生座付きとなって創流。2世新之丞のとき宝生を名のった。ワキ宝生。下掛 (しもがかり) 宝生流。

  1. 能の大鼓方の流派の一。宝生練三郎派ともいわれ、岡山を中心に活動していたが、昭和61年(1986)観世流となった。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉