出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 寺坊の主 (あるじ) である僧。寺院で一坊を構えた僧をさしていった。

  1. 一般に、僧。室町時代以後に行われるようになった称。

  1. 髪の毛のない頭。また、毛をそったり短く刈ったりした頭。「負けたら坊主になる」「丸坊主」

  1. 表面を覆っているべきものがないさま。「山が坊主になる」「植木が坊主になる」

  1. 《昔、男児が頭髪をそる習慣があったところから》男の子を親しんだり、あざけったりして呼ぶ語。「坊主を連れて買い物に行く」「坊主、よくやったな」

  1. 釣りで、まったく釣れないこと。おでこ。「坊主に終わる」

  1. 茶坊主」の略。

  1. 奥坊主」「表坊主」「数寄屋坊主」の略。

  1. 《形状の類似から》花札の薄 (すすき) (月)の20点札。

  1. 10 他の語の下に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐男の子への親しみの意を表す。「いたずら坊主」「やんちゃ坊主」

    2. ㋑あざけりやからかいの意を表す。「三日坊主」

出典:青空文庫

出典:gooニュース