出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《平安時代以降は「むべ」と表記されることが多い》肯定する気持ちを表す。なるほど。いかにも。むべ。
  • 「山河のさやけき見れば―知らすらし」〈・一〇三七〉