出典:デジタル大辞泉(小学館)

法然上人の生涯の行状を描いた伝記絵。絵巻や掛幅などに系統を異にする多様の作品がある。特に、鎌倉末期ごろに作られた絵巻「法然上人行状絵図」48巻(知恩院蔵)はそれ以前のものを集大成したもので、法然・浄土宗・知恩院の三位一体の関係を明らかにしている。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉