出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. ありありと想像すること。よく似ているものを見て、そのものを思い浮かべること。「往時を―させる」

    1. 「ミイラに因って埃及 (エジプト) 人を―する」〈漱石吾輩は猫である

  1. ぼんやりしていること。

    1. 「眸を凝らして海を望めば、―の間」〈鴎外訳・即興詩人

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. ありありと想像するさま。目の当たりに見る思いをするさま。「郷里を―とする」「故人が―として現れる」

  1. ぼんやりしているさま。

    1. 「彼が何物をか有しているのが、―として認められた様である」〈鴎外青年

  1. よく似ているさま。

    1. 「田の太夫の舞台顔に―たり」〈逍遥当世書生気質

出典:青空文庫