• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ほう‐よう〔ハウ‐〕【抱擁】 の意味

  1. [名](スル)親愛の情をもって、だきかかえること。だきしめて愛撫すること。「再会した息子を―する」
  • ほう‐よう〔ハウ‐〕【抱擁】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その時の私の心持は『罪と罰』を措いて直ちにドストエフスキーの偉大なる霊と相抱擁するような感に充たされた。

      内田魯庵「二葉亭余談」

    • ・・・永遠の恋、死に打ちかつ抱擁、そうしたイデーはもう「この春の流行」ではないとでも思っているのであろうか。

      倉田百三「学生と生活」

    • ・・・ 母親の抱擁、頬ずり、キッス、頭髪の愛撫、まれには軽ろい打擲さえも、母性愛を現実化する表現として、いつまでも保存さるべきものである。

      倉田百三「女性の諸問題」