出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]勝手気ままであること。みだりに道理に背くこと。また、そのさま。
  • 「女の言葉遣いは…寧 (むしろ) ―に走る嫌いがあった」〈荷風東綺譚