出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. 心にこだわりがなく、晴れ晴れとして明るいさま。「朗らかな性格」「朗らかに話す」

  1. 明るく光るさま。日ざしが明るく、空が晴れわたっているさま。「朗らかな春の日」

    1. 「姿、秋の月の―に」〈後拾遺・序〉

  1. 広く開けて明るいさま。

    1. 「木蓮の枝はいくら重なっても、枝と枝の間は―に隙 (す) いている」〈漱石草枕

    2. 「心―に融 (かよ) ひ達 (いた) る」〈霊異記・上〉
  1. あいまいさがなく、はっきりしているさま。

    1. 「打ち忍び嘆きあかせばしののめの―にだに夢を見ぬかな」〈紫式部集

[派生]ほがらかさ[名]

出典:青空文庫