出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Saddharmapuṇarīka-sūtraの訳「妙法蓮華経」の略》大乗仏教の最も重要な経典の一。漢訳は、竺法護 (じくほうご) 訳10巻(正法華経)、鳩摩羅什 (くまらじゅう) 訳8巻、闍那崛多 (じゃなくった) ら訳8巻(添品妙法蓮華経)の3種が現存するが、ふつう羅什訳をさす。28品からなり、譬喩を交えた文学的な表現で法華一乗の立場や永遠の生命としての仏陀を説く。天台宗日蓮宗の所依 (しょえ) の経典。ほっけきょう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉