出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. くぼんだ所に物が詰まっていっぱいになる。うずまる。「流れ込む土砂で池が―・る」

  1. あいている場所が人や物でいっぱいになる。「広い講堂が聴衆で―・る」

  1. 物に覆われてその下になり、見えなくなる。うずまる。うずもれる。「庭が花で―・る」「雪崩で―・る」

  1. 欠けたり不足したりしているところの補いがつく。補塡 (ほてん) される。「赤字が―・る」「部長のポストはまだ―・らない」

  1. (多く、打消しの語を伴う)割に合う。引き合う。→うずまる

    1. 「戯談 (じょうだん) と聞かれちゃ―・らない」〈二葉亭浮雲