出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 両刃の剣に柄をつけた、刺突のための武器。青銅器時代鉄器時代の代表的な武器で、日本では弥生時代銅矛・鉄矛がある。のちには実用性を失い、呪力 (じゅりょく) をもつものとして宗教儀礼の用具とされた。広く、攻撃用の武器のたとえとしても用いる。「―を向ける」

  1. 弓の幹 (から) 。弓幹 (ゆがら) 。

  1. 1を立てた山車 (だし) 。特に京都祇園会 (ぎおんえ) 山鉾 (やまぼこ) 。ほこだし。 夏》「―処々にゆふ風そよぐ囃子 (はやし) かな/太祇