出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 夜空に点々と小さく光っている天体。ふつう、天体のうち、太陽地球を除いた恒星惑星彗星 (すいせい) 星団あるいは星座をいう。狭義では恒星だけをさす場合もある。「満天の星」「星空」

  1. 星の光っている形に似た印。星の形。「★」「☆」など。「三つ星のレストラン」「肩章の星」

  1. 小さな点。また、斑点。「目に星ができる」

  1. 1が運行するところから》歳月。「星移る」「星改める」

  1. 相撲で、勝ち負けを示す白黒の丸いしるし。「大事な星を落とす」

  1. 九星のうち、その人の生まれ年にあたるもの。また、その年々の運勢・吉凶。「星の巡り合わせ」

  1. 兜 (かぶと) の鉢 (はち) に打ちつけてある鋲 (びょう) の頭。その大小・形・位置などにより、大星・小星・角星・苛星 (いらぼし) などの称がある。

  1. 碁盤の目のうちで、黒丸の打ってある所。全部で9か所。「星打ち」→天元

  1. 花形。スター。はなやかな代表者。「歌謡界の星」「我が社の希望の星」

  1. 10 紋所の名。円形を1に見立てていろいろに組み合わせたもの。三つ星や一文字に三つ星などがある。

  1. 11 大体の見当。目あて。目星。

    1. 「ふとした―が附いて」〈鏡花婦系図

  1. 12 犯人または容疑者。「星を追う」

  1. 13 神楽歌の分類名。御神楽 (みかぐら) の終わり近くにうたわれる歌。